テーマ:オーディオ

プラズマテレビが逝きまして‥

有機ELテレビ導入で迷った挙句50インチのプラズマは廃棄し、サブシステムの42インチのプラズマテレビをそのまま残すことにしていたのですが、先月突然壊れまして‥。。 眠気にうつらうつらしながら電源ボタンを瞬間に3度押しをしてしまい、、アッと思ったら真っ黒…。。基盤が逝ってしまいました。修理に来てもらうも保守パーツの保有期限が今年の4月で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗闇ではまだまだ追い込める有機ELテレビ

暗い場所では圧倒的なコントラストを見せるKJ-55A1。Kalafinaのライブ映像で調整していて、かなりリアルな迫力で迫ってくるまで調整できていますが、まだまだ調整で追い込める潜在能力ありありです。 今回、再生するプレーヤーも最新のUBP-X800で同メーカーなので、全て自動にしておけばうまく調整してくれると信じていましたが、もしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有機ELテレビ KJ-55A1 は

有機ELテレビを火曜日に設置しています。のでファース・トインプレ 50インチのプラズマディスプレイからの置き換えで有機ELの55インチへ。。 フレームが小さくなているので全体のサイズ的には変わらず、置台は流用。 まずは新参者への悪口、薄い!重厚感がない。プラズマの(ブラウン管のような)キラキラ感がなくスカッとする感じが足りない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ultra HD対応でなくとも …UBP-X800

もう現行ハイビジョンもオーディオも十分なクオリティと思っていましたけれど… 現状の機器で、まだ上を行きます。入口のプレーヤーの変更で画質も音質も。 もちろんメインシステムの方で。。 既存機器はUltra HD対応ではありませんが、再生機の性能向上でまだまだコレまでのハイビジョンも一見するだけでわかるレベルの向上が図れるとは思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UHD Blu-ray プレーヤー UBP-X800

久々のオーディオ・ビジュアル更新! 復活に向けて勝負かけてきてるSONYの ブルーレイ プレーヤーUBP-X800 を購入してみました。 音声に関してはデジタルーアナログ コンバーターDAC-1000が、まだまだ活躍しているので、無駄な電気系統は百害あって一利なし。アナログ音声出力のない(D/Aコンバータ内蔵しない)モノをあえて購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディオねた はねっ

もう何年もオーディオねたがない。 以前はアンプもスピーカーも買い替えても満足することがなかったのだけど、今はすっかり満足し続けています。 アンプのAー1VLは抜群に安定した力強さが落ち着いて聞ける。力強さの中にも繊細緻密な描写が際立つ。 そのAー1VLに惹かれてサブシステムに買ったA-7VLも期待道理のドライブでこちらも全く不満が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争BOOK OF MEMORIES

ブック・オブ・メモリーズ が到着(^^♪ テレビで観てから即blu-ray diskの予約をしていた(^^)v やっぱり自分は、音楽の気に入るドラマが、何度も繰り返し見れるし、感情移入しやすく好きです。 図書館戦争もイイですね(^^)。 映画より戦闘シーンが抑えられているこっちの方が好きかも。。。 diskのトップメニューのチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ALDNOAH.ZERO & audio

2か月前の風邪から咳が収まらず耐え切れず病院へ・・・何だかな(>_<)。。。 ALDNOAH.ZERO(アルドノア・ゼロ)。 アニメや漫画はそんなに見るほうではないけれど、SF大好きなのでクールなアニメは時々チェック。去年このタイトルはマークしていたのだけど、忙しかったのもあり、テレビ放送開始時は目の大きすぎるキャラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーレイプレーヤー BDP-450 2台目 (BDP-450→A-7VL)

メインシステムで相当良かったので、サブシステム側にもBDプレーヤーBDP-450を購入。 当然今のBDP-LX80もLX52も専用CDプレーヤーも画質・音質とも凌駕しているので、その3台はもう廃棄。 (LX80の電源ケーブルはアンプのケーブルより太い。家電の中で一番太い…(^^; ) ピュアアンプA-7VLとの接続の同軸デジタル(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サランネットの効果

スピーカーの前につけるネットをサランネットといいます。 スピーカーユニットを不慮の接触などで傷つけることの無いよう守るためにつけます。 D-77MRXの場合はサランネットがいくらか空間を開けて前面に付くので防塵にはなりません。 視聴の時にはずすかどうかは好みになります。 自分はほとんど常時外しています。付けた方が見た目はシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今時ピュアオーディオなわけ

今や映像も重視する音環境において私がAVアンプ(センター)を利用したサラウンド構成にしないでピュアオーディオにこだわるわけですが。 AVアンプを中心にするホームシアターは、往々にして音の鮮度が落ちてしまう。ピュアオーディオ並みの音質を要求すると倍どころの値段では済まないし、多くのスピーカーと部屋の相性や複雑で微妙なセッティングで極端に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル接続の音って・・・ケーブルで変わるの?^^;

ラインケーブル(アナログ)をデジタル接続に変えてからはケーブルで音質に大差ないだろうと、たかをくくっていたが、ひょんな事から、ちょっとびっくりな結果が。。。 これまでDAC-1000やA-7VLで聴いてきて、光より全体的にコアキシャルの方が音が良さそうなのは薄々感じていたが、まあそれは周波数特性もコアキシャルのスペックの方が高いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在のシステム構成 (オーディオ部)

▼メインシステム  アンプ: onkyo A-1VL  D/Aコンバータ: onkyo DAC-1000  スピーカー: onkyo D-77MRX  スピーカーケーブル: Prism OMNI-8N (※BELDEN STUDIO727MK2からの変更)  アンプ‐DAC間(アナログライン): モガミ 2534 (※他のライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディオはセッティングの基本に立ち返る

あまり機器の性能ばかりに執着すると忘れがちだけれど一番大事なこと。 下手すると、どんな高級な機器でも簡単にミニコンポ以下にもなります^^; 細かいことはいろいろあれど、まずは… <セッティング> ①機器の設置場所は固くて揺れないしっかりした場所を選ぶ。  ※スピーカはとにかく硬く揺れない強靭な場所。アンプや周辺機器は特に振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DACアップコンバート寸評

DAコンバータのDAC-1000はデジタル入力のサンプリング周波数を4倍まで引き上げることができる。 一聴した時はアップコンバートでは高解像度で音の広がりは増すが迫力が無くなる気がしたので、特に音楽にはアップコンバートしない方が良く感じたのだが、良く聞いてみると個々の音源が小さくなって広がりをもって拡散するのでそう感じたようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D/Aコンバータ (A-1VL + DAC-1000)

A-7VLの内蔵DACの効果に気を良くしてメインシステムにも、と結局専用のD/Aコンバータ、DAC-1000を購入してしまった。(PCオーディオするわけじゃないのに…です) アンプA-1VLのフロントに設置して、TVチューナやBDプレーヤーやHV(HDD)レコーダー等からデジタル入力し、ここでD/A変換します。(要は各機器のプアな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A-7VL大戦 (スピーカーケーブル編)

A-7VL購入以降音楽聞くのは圧倒的にサブシステムで聞くのが気持ちよく、メインシステムでほとんど聞かなくなっていた。冷静に考えて納得いかない…。 メインシステムの音の出口のスピーカーはウーハー30cmの3ウェイ!迫力で負けるはずがない。アンプも同じメーカ、同シリーズの世代は違えど上位機種A-1VL。デジタルINは無いにしろ増幅器と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A-7VLその後

8万円弱で買ったアンプリファイヤー「A-7VL」。 デジタル入力では驚きの高分解能で予想外の高音質。小音量にしてもその性能が落ちない。…これが買った時の印象。 エージングも進みその印象はそのままに荒っぽさは落ち着いてきて音楽的な要素も納得な状態に。 (注:エージングというのが"機器の"なのか"自分の耳の"なのか未だに定かではない(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぜんぶ光で  (A-7VL)

うちのオーディオ・ビジュアル環境は全てピュアオーディオで構成しています。 映像も音もこだわりたいので、AVセンターやセレクター等は使わず映像は直接映像機器に、音声は直接ピュアオーディオに接続。 面倒なのは音声は音声で接続をそれぞれに切り替えないといけない。 メインシステムはそれほど接続は多くないのだが、いつもいる部屋のサブシス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more