ストリング NXT と NRG2 の1.24

今回たまたまテクニファイバーのNRG2 1.24とほぼ同じ時期に、ラケット(いや多分ガット)のビビりでこの際ウィルソン ナチュラル17からNXT 1.24(BLACK)に変更したので丁度気になっていた2つを評価できます。
テンションはどちらも54ポンド(張ったお店が違うので多少張にちがいがあるかもしれないけれど)
どちらもナイロンのマルチ構造で好きな打球感のガットです。(どちらもポリウレタン混合)

ラケットはBLADE93の2本(どちらもほぼ328g)
ナチュラルを張っていた方のラケットは、ナイロンにしたおかげでヘッドが2~3g軽くなり。ラケットの重過ぎ状態’スイングウェイト)がかなり改善して、振り抜きは良好。
NRG2側同様の重量、スウィングウェイトにもなって比較には最適状態。
やはり自分の今の力量では、重量面でナチェラルやポリエステルの重さでは振れなくなっていることは確定!

NRG2は前回評価のとおり、柔らかめで反発も高めだけど、かなりしっかりした腰がある。ポリウレタンのしっとりした柔らかさも特徴。しっかりした腰があるのでハードヒットもしっかりできる。

対してNXTは、まず軽い打球感が独特。衝撃も非常に少ない、いかにもマルチ。そしてX-ONEやNRG2ほどの腰はない。力を抑えた技術的プレーは非常に打ちやすいし、ホールド感もあるのでかなり打ちやすく、肩に力が入ることがないので楽。
あまり強いHIT感なく。あれ?軽く打ててるじゃん・・・で感じで。
なのでハードヒットででは、それが逆に物足りない。打ち込んでも打ち込んでも軽い感触打ててしまうので、力が入っていないような打球感。要は腰を感じる所がないからガツンと来る所がない。飛距離は変わらないのだけど。
こちらもポリエステルを混合した好きな打球感には違いないのだけれど、やはり自分にはちょっと物足りないか。

少し打ち込んでいかないといけないけどNRG2の方が好きという結論。
贅沢をいうと、緩急合わせてのプレーを考えると、もうほんの少しNXTのように柔らか目がいいような・・・
X-ONEはよりガッツリ感が強く、使い続けるには体力的に厳しいかな。でもしっかり超ハードヒットできたときは超気持ちいい~(^^
NXTはもう少し体力落ちたらこちらね。こちらは気楽にプレーができていいけれど。

これまで使うことの多かったナイロンモノ系(ゴーセンAKとか)の硬めだけれどスカッと球離れの良い高反発な感触も好きだけど、相反する性能を両方追うことは不可能なことで・・・

で、今後のリファレンスはNRG2になりそうです。(なんか、とても変な表現になりました・・・言葉で伝えるのは難しい^^;)

この記事へのコメント

NXTはOEM
2013年10月29日 21:27
中身はX-ONEです
きっかわ
2013年10月29日 21:43
NXTはOEMさん。
ウィルソンはストリングメーカーでないので全てOEMですが、
性能が相当近いというのであればXR1の間違いではないでしょうか?
それでもゲージは少し違いますが・・・。