テーマ:テニス

ラケットにこだわりを持つようになったきっかけ

ラケットにこだわりを持つようになったきっかけは何時だろうか。。 ふと気になった。今や買ったラケットは30本では収まらないかと。(^^; 学生時代は、兎に角がむしゃらにテニスが好きで、ラケットがどうのという意識は無かったように思う。 拘りを持つようになったのは社会人になって、 Pro Staff tour TB 4.2 に出会っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ULTRA変

今更だけどテニスクラブがWilsonのラケットセール中なので改めて気になるULTRA変。 大昔にBOXだったULTRAが、全くリニューアルして(何十年ぶり?)に登場したのが、ボレーとコントロール性に特化したイーブンかトップライト寄りのULTRAシリーズ。 それはそれで展開するのはアリアリだったのだけど・・・。 ULTRA TO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CLASH 100TOUR

なんか売れ売れのCLASHらしく、ようやくスクールにも置き始めたんpでTourを試打。 既にリフティングからしっかりしなる。食いつく。 打感はWILSONさんおっしゃる通りウッドの打感です。ウッドと違うのは打った後の低周波的なビヨーンといった振動は全くありません(笑。。。そんなん今どきあったら使えん) なのに、不思議にしっかり飛ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重いラケットのメリットを生かしたい

ラケットのチューニングはヘッド辺りでは0.05グラムでも大きく取り回しが変わってしまう。位置と貼り方の組み合わせでも何通りもある。突詰めてしまおうとすると切りはないのですが・・。しかもラケットによっても全然調整違うので一番付き合いの長いBLADE93しか細かな勝手はわからないのですが・・。 で、この重いラケットのメリットをどうみるか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テンションの維持

ガットを長く同じ調子で使うのに大事なテンション維持性能。 ピカ一なナチュラルガットと、とてもいいように感じているオリジンを6か月張りっぱなしで比較。 昨年10月にballfeelとoriginを同じラケットBlade93に同じ56pで。。 で今比べてみると、何とオリジンの方がより維持している。 まあ、ナチュラルの方が初期ゆるみが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またラケットをいじる

ラケットチューンで簡単に安定してパワー・アップさせるには、2時10時あたりに錘を付けるのが一番自分には合っていたのだけど、自分の振れる体力(か視力?)の低下でうまく扱えなくなって、しばらく素に戻してプレイしていました。けれど、やっぱりもう少し、かける力に対してうまく振れるバランスにはできないものかとは思っています。 引っ掛ったのは、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノッチが出ない

perfumeではない (^^; テニスラケットのストリングのノッチ。 ストリングで結構気にする所。。 (perfume言うなら、かしゆか派だし…) ストリングを長時間張っているとノッチが出てきて、ストリングが動きにくくなってくる。 自分のように小さな面で、パタンも細かいラケットだと、ストリングが動かなくなってくると反発落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

張替はたのしみ

ラケットストリングの張替! プレステージ・MIDに張っていたX-ONE。改めてパワーを確かめたかったのだけど、ちょいと硬く感じてやっぱり気に入らなかったので、週一プレイにしては、ちょっと勿体ないけど2か月での張替。(>_<) やっぱりオリジン125に。 ナチュラル同等に好きなストリングです。さすがにストリングのパワ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

試打が楽しくない!

ここの所、テニスラケットの試打が楽しくない・・・ と言うか、ほとんど試打しなくなって。。 テニススクールにはいつも、試打ラケットがあり、特に最近は製品がやたら出ていて沢山。 でもね、 半数以上がポリが張ってある(>_<) 普通ナイロン(ポリアミド)使っているのに、ポリが混在すると比較になりません。 それに、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここの所のテニス

どうも右目が悪化し、距離感がつかめないので、どうしよいもない。 中々ラケットの真芯には当たらず苦労中。 そんな中でも、ラケットの振り易さと打球感はバランスとりながら調整しつつ。。 ガットはパワーを求めて久しぶりにX-ONE124をどんな風に感じるか試してみました。 やっぱりマルチにしては硬めで自分のパワーは乗せやすく、体力あれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々のナチュラルガット

重いラケットばかりだった頃は、もっぱらハイテンションでナチュラルばかり張っていたのだけれど、バボラのオリジンがお気に入りになってからは、とんと張ることがなくなったナチュラルガット。。。 ここのところ、プレステミッドの革グリ後のバランス調整がしっくり来ず、、ちょっと重いガットにしてみるかと。。 ボールスピードは出したいのでポリはあり得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局そこかい・・・(^^;

プレステージ・ミッドの革グリップにしたがためのバランス調整。。。 重量上がってもグリップ部に加重されたので、錘を1gフェイス3時9時だの、6時だの、スロートだのといろいろ使変えた結果、・・・グリップ上部に2gで落ち着く(^^; 自分的には結局グリップ内に加重かよってことですが(^^;。少なくとも今の自分、グリップ部が重くなったと言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

prestige midのバランス調整

革グリにしてバランスの悪くなったプレステージのバランス調整(^^; BLADE93はラケットフェイス2時10時に合わせて1g程度に落ち着いているのですが、ラケット変わると同じようにはいかないわけで、手持ちのプレステージでは2時10時ではコントロールがうまくつかず、結局6時に1gくらいが良さそう。この位置なら振動止めでも良いのだけど、振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テニスシューズもいろいろ

今回はWilsonのRUSH PRO SL 2.0 (写真右側)を購入。 左のRUSH PRO は全力フットワークを支える競技者向けだけど、SLは軽くて疲れない、やや前傾のシューズ。。 ちょっと楽にテニスを楽しめるかも。(*^^*) それにしても、Wilsonのシューズはサロモンと提携してから、恐ろしいくらいバリエーションを展開し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あとから革グリにする功罪

革グリップでないラケットを買った場合、自分は必ず革グリに変えてしまうのですが、10g近くも重くなるわけで、バランスも崩してしまうわけです。十中八九、試打した時に比べてバランスは嫌な方向に行きます。試打の時ほど良い球も行かなくなったりもします。。 そこで自分の場合、鉛を使ってとめどないチューニングに陥ってしまうわけです(^^; 試打し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなラケットバッグが好き!

高々テニススクールに通うのに普通のテニスラケットバッグでは仰々しくてチョット嫌。(重いし。。) 付属等のラケットケースだと、シューズやタオル、小物に別のバックが必要だし、 よくあるバックパックはラケットの柄の部分からはみ出す形で、好みでない。両肩掛も面倒(>_<) (自転車通いなら両肩にかかるバックパックが最適です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストリングパタンの違いを強く感じて

以前18x20と16x19の違いを実感したくてスリクソンのREVO 2.0tourのストリングパタン違いを購入するも、いまいちピンとこなかったのですが、今回のBLADE93インチ18x20と同じ面サイズのプレステージミッド16x19のストリングパタンの違いが、どちらもシリアスなモデルなので感覚的にハッキリ。 ストリングはどちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレステージ・ミッド(2018)インプレ

3日前にも少しだけ打ったのだけど、今日しっかりテニス。 ラケットの購入で期待を膨らませた所で、良くも悪くもほぼ予想の範囲。。 これはスゴイ!…ってことにはならず、やはり93インチなりの打感と難しさ。 衝撃のある硬い打球感と、少し外しただけで全く返らない厳しさはBLADE93と同じ様に‥楽しい。 それでも少し違ったのはBL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレステージ (2018)

ラケット欲しい病。最近鉛のチューニングに飽きたらラケットを買う、、といった行動がパターン化しているような・・・(>_<) で、プレステージ・ミッド Wilson派なのでHEADのラケットは滅多に買わない。。まして根がPROSTAFF派なので、(涎を流しながらも)プレステージを買うことは無いだろう。と思っていたのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎度のバランス調整

薄い鉛のテープを買ったので違ったアプローチ。 バランスを大きく変えることだけを考えると、ラケットヘッドに錘を足すのが一番効果がありますが、僅かな重さの変化で大きくバランスを崩すのと、トップ12時にピンポイントに錘となると、慣性モーメントも働かずスイングウェイト(SW)が重くなるだけなのでラケットの挙動も不安定になり、調整が難しくなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいツール

新しくチューンナップツールに追加決定。ライト バランスアップテープ20 G-136。 要は、片面粘着な極薄な鉛テープ。 ラケットヘッドには主にキモニーリードテープスリムを使ってるのだけど、それでもフレームのトップに使用する場合には少量でも大きくバランスを崩すので使いにくく、もっと薄くて軽くて幅広く使えるものを探していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっといじってみるか…

最近、鉛でのバランス変更遊びが過ぎて、自分でも困っているが止まらない(>_<) フェイスに貼るのはキモニーリードテープスリムなのだけど、0.2g単位の微妙な差を感じてしまい、微妙な長さで違いが出て難しいし、部分的に重量がかかるので、もっと薄いものが無いかと。。。 仕様から察するとGAMMA LEAD TAPE 1/4やT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打ち納め2017

本日で2017打ち納め(^-^) また右目を年末に入院治療して、一週間は日光にあたっちゃダメ。暗室暮らしの、外出はサングラスにマスクに手袋で極めて怪しい姿なのだけど、テニスは室内なのでokok!(^-^; ガットのオリジンとM7 も打ち比べ。 M7は7本の太いフィラメントにウレタン充填なので、やはりマルチにしては硬いけどモノよりは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉛の無駄使い?

冬コーデその2。wilsonのウェアもいくつか引っ張り出す。。でも何時の間にやらwilsonのウェアはなくなっているようで・・カタログにウェア関連がなくなっていますね(^-^;  ま、先の昔お気に入りだったセントクリストファーのテニスウェアも20年くらいは、いなくなっていましたけど^_^; で、ラケットの方は、「買う」よりチューニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬支度

本格的に寒くなってきたので、本気で冬支度。冬の初めは何となくセントクリストファーが合いそうな。。シューズも真っ赤や真っ黄は控えて、暮れはこんな色味をベースでいいかな? コーデ。 さて、伊達さんの引退と共に発売された限定モデル…。当てて返す彼女が重いラケットなのは知っていたけれど、RFよりまだまだ重いとは(>_<) …てなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見?(^^;

REVO CX2.0tourのエンドキャップを外してみた所、10円玉が丁度ピッタリ入ってガタつかない(^^; そのままエンドキャップもキッチリハマる。まるでチューニングする為に初めからそう設計されていたかのように。 10円1枚で4.5gで結構エンドの重量アップを試すにとても便利です。。 いや、通貨なので使途はへそくりの隠し場所とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常備薬

結構無駄と知りながら、それでも十分な在庫が無いと不安になってなって買い揃えてしまうラケットチューニング・グッズ。。。 常備薬かな?(^^;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノワート(SNAUWAERT)のラケット

興味を持ちつつも、もうラケットもお腹いっぱいだし、ストリングパタンも広めなものが多いので試打はいいかな‥と思っていたところ、スクールにスノワートの関係者が入ってきてアレヤコレヤ勧めるので自分のラケット使いたいのに、やや渋々試打しましたが…(^^; かなり品質がイイです。形状はラウンド系ですが、打感は何だかウッドや昔~のPROSTAFF…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突っ込みどころ満載?

モノは見方なので批判的なことを口にするのは好きではないのですけれど・・・ 最近名作ばかり作っているWilsonさんの宣伝には突っ込みたくなること目に余りまして。ちょっと発散しないと(^^; BURN 「「名作のDNA<遺伝子>」を宿らせた BURNニューモデル…」?かつてのSteamのことですけど、言うほどの名作でしたっけ?ラ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

たまにはコーチの言うことを聞く

コーチは色んな正しい技術を提示し、教えてくれるのですが、スクールのコーチは自分専属のコーチではないので、自分の能力やプレーの仕方によって解釈しないとなりませんし、自分で取捨選択をする必要があります。 特に自分は薄い握りのフラット打ち、シングルバックハンドなので、教わるケースは限定的になったり、少し解釈を変えて聞く必要があります。 例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more