ラケットのグリップサイズは2か3か

IMG_20210318_145814.jpg
これまでラケット無節操に買う上に、買ったら買ったでサイズ違いはどうなのか買ってしまったりで、普通サイズ3好きにもかかわらず、同じラケットでサイズ2のラケットも結構あり。やっぱりサイズ2だったらどうなのかとつい一緒に買ってします(>_<)
結局自分はサイズ3に落ち着いてしまうのですが・・・(^^;

で、買ってしまったサイズ2のラケットは、太くしてみたり細くしてみたりで色々実験するのです。太くするときは市販のグリップチューブを使ったり、型紙作って太くしたり、キモニーの薄いテックレザーを下に巻いたりと色々感触を変えてみたりもするのですが、太くしてもしなくても、もともと太いグリップのラケットとは打球感はかなり違うことに気づきます。単純に言えば3の方がより硬い。しならない。
同じラケットでも細い方がしなりを大きく感じるし、打球感は柔らかい。太く補強して傾向は変わらない。変わらないと言うより重量が増えた分、よりしなりを感じてしまう。
自分は太さの握りしっかり感もあるけど、比較すると、しなり感のない硬い感じのグリップ3の方がブレなくて好きです。

こうしてみると、ラケットはグリップサイズを固定して比較しないと意味がないように思います。試打のグリップサイズで希望のモノがないからと言って、違うサイズで試打した場合かなり違った結果になってしまうかと思います。
まあ思えば、ラケット長の3分の1程度を占めるグリップの太さが変われば感触も大きく違ってくるのは当然かと。。


さて、テニスは色々ウェアや帽子などもとっかえひっかするのも楽しみですが、コロナ禍も1年半。機会も少なくなりあまりその点でも楽しめてません(>_<)。
おかげで長持ちしてます?。(^^;
IMG_20210318_144756.jpg
DSC_0251.JPG
<Kikkawa's空の駅>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント