オーディオ足回りその後

IMG_20200601_204753.jpg
メインシステムの方の機器は金軸インシュレータのスパイクで揃える結果になってしまったのだけれど、まだ迷う点が。
DAコンバータのスパイク受けを合金で行くか真鍮で行くか。
まさかのインシュレータで音が変わるなんて思てもみなかった。解像度・定位はうまくやれば変わるだろうと思っていたけれど、まさかの音色。
DACについては真鍮だったものを、合金が華やかで良かったのでけど、改めて真鍮に変えてみると結構違う。
ジュラルミン合金は音がキラキラして躍動感があるように聞こえる。恐らく中高域から高域の周波数が良く出ているのだと思う。ちょっと聞くとハッとして凄いと思う。真鍮よりは良い意味でも悪い意味でも耳に付く音。
真鍮は中~低域の方に厚みが増すので華やかさは控えめになるのだけど、フロアタムやバスドラの弾むような音圧が力強く目立つようになる。
うーんどちらも捨てがたいが、せっかく大口径ウーファーを生かした感じにするなら真鍮。今どきのスピーカの中高温でキレイにまとまった感じにするなら合金か。。。
Kalafine2018ライブでは、合金の方がスピード感あり。hikaruのボーカルが良く前に出る。真鍮ではドラムスの低域振動がしっかり体に伝わるのがわかるが大人しめ。全体的にノリの重心が下がった感じ。何故かhikaruのボーカルが控えめになり、Wakanaのボーカルが前に出る。KEIKO変わらず(^^;。
どうも合金の方が少し中高音が強く出ているのでしょう。なのでボーカルの盛り上がる所(太田裕美の歌がすごくイイ(^^;)やストリングスの高域等のイイ所がキラキラ、スピード感持って感じられる。その代わりに、そこに耳が行くので他の色々な音を聞き逃しがち。真鍮そこが出てこないのがじれったいが、色んな音が素直に耳に入る+低域の力感がいい、
とりあえず、今度はしばらく真鍮のスパイク受けで(>_<)

オーディオアクセサリーは、フラシーボ効果8割と言いながらチューンアップしてきたオーディオですけど、これはちょっと。不思議だ。。
これまでのチューンナップがあった上での効果ではあると思うのだけど、こんなに違うのは‥さすがに耳を疑う(笑)
耳が肥えた??
下手するとカーボン系や鋳鉄の材質拘りにも興味が行っちゃいそうだけど、、そこはお値段がシャレにならないのでいかない(^^;

ps;改めて気になる画音同期調整がドラムのインパクトにビシッと合うように調整が進む。(うちはオーディオシステムがビジュアル系と完全に独立している(HDMIを音声に使わない)ので、調整が必要なの)

<Kikkawa's空の駅>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント