油断大敵

最近体力落ちでラケットがうまく扱えなくなったと思っていました。。
けれど、新型コレラの影響でスポーツクラブ(セサミ大船)にも行けなくなったこともあり、久々にラケット重量を計測したところ、同じラケットを全て鉛チューニングも外したところで10gもの差が・・・???
考えられる要因は、フェアウェイの革グリップ!。フェアウェイの品質はばらつき多いとは知っていたが、まさかと思い2本ともレザーグリップ剥がして計測。。
何と片方は6gも重い(>_<)。更に不安になり軽い方も、前に使っていたものと比較すると2gも重い。(>_<)
うーん。元がそんなに重くなっていては、チューニングしても振れんわな。若くもないし(-_-;)
テニスラケットの革グリ換装は手慣れたもので、汚れたものなど、もう計測もせず交換し続けていた油断!。
ここまでバラしたのなら、そもそも重めのフェアウェイのレザーは止めて、ウイルソンのレーザーにまき直し。
重い方は10g近く戻しました。これでクラブ再会した時には昔のように活躍できるかな(^^;
コンナところで次第に重くしていたなんて思いもよらず。何にせよラケットいじったらちゃんと計測は怠ってはいけない。。。


さて、ここの所のオーディオ・ビジュアル関係は、ようやく4Kチューナを購入。(やっと安くなってきたので)
4Kの有機ELテレビは以前からあったのですが、もっぱらブルーレイの視聴だったのですが、これで衛星放送の4K HDRも見れるように。
ブルーレイの4kコンテンツは一向に増える気配がないので、衛星放送に逃げます(^^;
流石に、NHKのコンテンツは多彩なので非常に楽しめてます。特にフツーの景色でも屋内に居ながら十分楽しめるのでかなり満足です。
ただHDRのコンテンツはNHKで半分くらい。民放はダメダメ(録画機器がいまいちのモノや、そもそも元が4Kでないものがかなり。HDR放送は皆無)ですがね。(^^;。でもNHKさんが頑張っているので良しとします。

録画用にはSSDの1TBを用意。ちょっとお値段張りますが、HDDでは別電源いるし駆動時の振動はオーディオ系にも良くないので。
ちなみにチューナーはSeeQVault非対応。ネットワークダビングにも対応していないので、録画したものはチューナが壊れたらおしまい。
(チューナ:SONY DST-SHV1、SSD: Samsung SSD 860 QVOシリーズ 1.0TB)
IMG_20200302_005004.jpg
<Kikkawa's空の駅>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント