いいかげん新しいお気に入り見つけたいな (テニスラケット2019-2020)

いい加減、新しいお気に入りのラケット見つけたいな。
これまでは、信頼できるブランドのニューモデル購入で概ね外れなかったけれど、最近はメーカによっては結構シリーズの特質を変えてきていることもあり、散々失敗してきているので、とりあえず気になるラインナップを、ちゃんとspecで情報収集。
最近は、巷にあふれる動画、宣伝に惑わされること多いし、予約でイキナリ欠品続きで試打できる機会も少ないし(^^;
最終的にはストリングパタンや重さの選択でも好みはありますが、まずは素性を知るため、ストリングパタン、重さで揃えて代表比較。
しばらく眺めてみます。
‥特筆なBLADEの剛性落としは気になるところ。特に屈強なトップアスリートがそのままの強度で使っているのかは知りたいところ。

2019.JPG

剛性とフレーム厚で並べてみると、やはり顕著なのはBLADE。普通、剛性はビーム幅に比例するのだけどBLADEは特筆して低い。更にバランス(スイングウェイト)とても高く、インパクトすれば相当しなりと食いつきを感じるのはスペックからも当然。これまでは概ね剛性上げてスイングウエイトも上げることでハードヒッター向けが作られていたのだけど、逆を取ったのはどうなのか。。ピュアストとの対比が面白いかも(^^
(流石に実験機?CLASHの剛性55とうい驚きの低さにまでには振っていないけれど‥)

ちなみにHIROSHIMAの日比野対土居の優勝対決は、表の真ん中のVCORE対CXでした。

名前 ヘッド パタン 重量 バランス フレーム剛性 ビーム幅 先端~シャフト SW 推奨テンション
Wilson Blade 98(16x19)v7 98in² 16x19 305g 320mm 62 21.0mm フラット 328 50-60
Yonex VCORE PRO 97(310) 97in² 16x19 310g 310mm 64 20.0mm フラット 318 45-60
ダンロップスリクソンCX 200 98in² 16x19 305g 315mm 65 21.5mm フラット 319 45-65
Yonex VCORE 98(305) 98in² 16x19 305g 315mm 65 22.0mm 22.0- 21.0 322 45-60
ウィルソンプロスタッフ97cv 97in² 16x19 315g 310mm 66 21.5mm フラット 324 50-60
Babolat Pure Strike 3rd Gen 98in² 16x19 305g 320mm 66 23.0mm 21.0mm 327 50-59
グラフィン360ラジカルプロ 98in² 16x19 310g 315mm 68 23.0mm 20.0- 21.0 325 48-57




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント