KJ-55A1(4K-HDR有機ELテレビ)の付合い1年半目

画質の懐かなり深く、まだまだワクワク色々楽しめてます。
4K HDRのソフトもかなり揃えましたが、SONYの精細化とエンハンスト技術はかなりのもので、うまく調整すれば普通のBlu-raiソフトでも遜色なく、今ではそれほど4K HDRソフトに拘らなくなっています。ほんとに良ーく見ればレベルにアップコンバートの質も上がっています。。(^^)v
巷では、4K HDRは暗いといった不満も見かけますが、それは画質のダイナミックレンジが広いので、通常のBlu-rayと比較すれば必然的に平均の明るさは落ちます。。
設定については色々迷うところはあります。ノイズリダクション系などのごまか機能は、Blu-rayディスクレベルになれば画質の悪化にしかつながらないので全てOFFは大前提。
問題は、フレーム補完(モーションフロー)を行うかどうか。やっぱりカクカクは気になるので最低限入れるかどうかですが、やはり入れると精細さが失われてリアル感が落ちるので、結局無しで設定しています。もちろんTrueCinemaモードで24pダイレクトの出力です。この設定で注意しないといけないのはプレーヤーの方も24pダイレクト出力機能があるもので、24pダイレクト出力に設定しておかないと意味がないので要注意点。。
あとはソニーの精細化機能を上げつつ、逆にできるだけシャープネスを落としてリアルに表現するかが肝になります。
ただ全体のスムース感のモーションフローも捨てがたい!そんな時は、若干画像が甘くなるのを逆手にとって、リアリティークリエーションの精細度を思い切って上げるとかなりリアル感も許せる範囲に調整可能。ノイズ気になる画像はノイズリダクション使わずとも、ある程度これで改善できる副次的効果も◎
うまく設定できれば、有機EL+HDR+4K高画質化は見るたびに目を覚まさせるような映像を楽しめます。もう1年半にもなりますが。。。(^^♪

画像

画像


ps:4K 8kもいいですが、いいかげんフレームレートの粗さが限界です。如何に儀実が進歩してもフレーム補完では誤魔化し切れないです。ゲームでさえフレームレート上がっているのに、自然な映像だと尚更補完では無理無理(>_<)
8k??絵画を楽しむわけではないので‥(-_-;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Kimi
2019年05月13日 10:28
KJ-55A1の画質設定を参考にさせて頂いています。 今現在のKJ-55A1の画質設定を教えて頂けないでしょうか? 宜しくお願いします。
きっかわ
2019年05月13日 19:31
考え方はほぼ変わっていません。
Blu-Ray Diskを基準にして設定。HDRやTVはそこから多少変えます。
まず基準のBlu-Ray Playerでの高画質化設定等は一切しないでDIRECT出力にします。
有機ELテレビKJ-55A1のモードは、設定を同じにしても微妙に画質が違うので、一番素直に感じるシネマプロを設定の中心にしています。
考え方は好みによると思いますが、自分は自分の目で極力リアルに近い見栄えを狙って
・ノイズリダクションは一切しない。
・補完処理はソースの相性をみながらも極力使用しない。(多少のカクカクは我慢して動きの少ない場面のリアル感を求める。)
・シャープネスは押さえて、精細化機能でリアル感を出す(ノイズが気にならない範囲でのバランス関係)。
・輝度拡張や色調のエンハンスは違和感のない限り極力使用する。
で、今の設定は以下になっていました。(結構暗室で見ます)
<モード:シネマプロ>
【明るさ】
明るさ:30
コントラスト:最大
ガンマ補正:-2
黒レベル:47
黒伸長:切
自動コントラスト補正:切
ピーク輝度:中
【色】
色:51
色合い:0
色温度:中
ライブカラー:中
【くっきりすっきり】
シャープネス:32
リアリティークリエーション:マニュアル
精細度:58
Mastered in 4K:入り
ランダムノイズリダクション:切
デジタルノイズリダクション:切
スムースグラデーション:切
【動き】
モーションフロー:True Cinema
シネマドライブ:切
Kimi
2019年05月14日 18:08
以前の記事の画質設定を参考にさせて頂きとても参考になっておりました。
今回も詳しく解説して頂きありがとうございました。最新の設定の方で設定させて頂きます。
きっかわ
2019年05月14日 19:54
役に立てば幸いです。
自分が未だにあれこれいじるか所は、
シャープネスでの輪郭強調感を押さえ、精細化でリアル感を出しながらも、如何にノイズ感を押さえるかというところで、微妙にですがいじり続けています。
精細化技術がなかったころは、シャープネスをガンガン上げてギラギラさせてくっきり敵にしていたのですが、特に人間の肌感などは失われていたところが、詳細化技術で調整可能となったところが素晴らしいです。アニメなどは単にシャープネス上げる方がくっきりして見栄えはいいですけどね。(^^♪
Kimi
2019年05月15日 15:19
とても自分では分からない領域で調整されていて恐れ入ります。この分野の詳しい方の設定を教えて頂けるのはとても有り難いです。
またよい設定があれば紹介して頂ければ嬉しいです。