結局そこかい・・・(^^;

プレステージ・ミッドの革グリップにしたがためのバランス調整。。。
重量上がってもグリップ部に加重されたので、錘を1gフェイス3時9時だの、6時だの、スロートだのといろいろ使変えた結果、・・・グリップ上部に2gで落ち着く(^^;
自分的には結局グリップ内に加重かよってことですが(^^;。少なくとも今の自分、グリップ部が重くなったと言ってヘッド方向に錘を持って行くとちゃんと当たれば気持のいい打球感でも、概ねは振りきれず、錘なければないでヘッドがカラ回り・・・(>_<)。で落としどころがココになった。(体調にもよるけれど‥)
錘も最初はラケットの長さ方向に貼っていたのだけれど、横の方が少し球離れがいいような感触が良かったので横向きに。またグリップ内でも微妙な位置で随分感触も違うもので。。。取ったり貼ったり面倒くさい(>_<)
もうちょっと上がイイかも、とか、もうちょっと重くしたら未だ良くなるかも、とか思うと切りがないので‥以上!!
画像

この記事へのコメント