空の駅

アクセスカウンタ

zoom RSS プレステージ・ミッド(2018)インプレ

<<   作成日時 : 2018/03/24 15:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像3日前にも少しだけ打ったのだけど、今日しっかりテニス。

ラケットの購入で期待を膨らませた所で、良くも悪くもほぼ予想の範囲。。
これはスゴイ!…ってことにはならず、やはり93インチなりの打感と難しさ。
衝撃のある硬い打球感と、少し外しただけで全く返らない厳しさはBLADE93と同じ様に‥楽しい。

それでも少し違ったのはBLADE93よりもしなるか柔らかい想像していましたが結構硬い感触です。
ガットがオリジン125の56ポンドなので、ガットの特性もあるが、それを差し引いてもこのタイプのラケットでカンカンする感触が…。
グラフィンタッチで大きな振動吸収性をあちこちで宣伝しているので、そんな動画を見ると、感触は若干柔らかい感触が強くなるかと思いきや全く。。しかもプレステージでしょ?な。
この感じは打った途端に「え?」と思ったが、嫌いではないです。

5年くらい前 BLADEが[K]tour93 からBLADE93に変わった時と同じ感覚を思い出す。しなる感触からサクッとあっさりした感覚に変わったのだが、それは厚が20mmから20.2mmになったことで反発ちょっと上がった感触かと捕えてたのだけど、それ以上のそんな感触が。。。(ミッドは20mmなのに)
(ちなみにBLADEはこの次のシリーズはサクッと感は保ちつつ相当しなるラケットになってしまったの)
実際の飛びからすれば、それなりの飛びの範囲ではあるけれど…。
PROSTAFF TBの時もそうでしたが、BOX系でもこうした硬めの感触は好みです。BLADE93が古くなったので代替としては合格です(^^♪

BLADE93に比べてストリングパタンが粗くなった点からは、多少ストリング面での打感の柔らかさが出て扱いやすい感じはあるものの、このフェイスサイズですからそれほど扱いやすくなった感じは少なく。。
打角も少し上がったような…気もするが…程度(^^;
反発がBLADE93に比べれば若干あるのはフレームの反発より粗くなったストリングパタンのお陰かとは思われます。

重さはBLADE93より平均値で4g軽い、ラケットの重量配分は、保有のBLADE93より好みだったので、錘を使う必要もなさそうで、この点では楽になって◎。

最初に感じたグリップサイズ大き過ぎ感は、使ってるうちに馴染んで問題なくなり、扁平の形状はイースタングリップで使いやすく◎。

BLADE93に比べ、特筆すべきはサーブが良かった。(^^)/
縦長のフェイスはやはり縦振りには有利で、フラットサーブに近い自分には特に向いているよう。

まあ、所詮フェイスが小さいので難しいラケットではあるわけなのですが、重量感があって、しっかり振れないと飛ばない、ちょっと外れるとガツンときてダメ出ししてくれる‥。。そんなラケットがやっぱり(まだ)好きなのです。(^^;

プレステージなのに、しなり感はあまり感じない(球持ちはある)、BLADE93に近い、硬め、あっさりした打感の、やや反発感を持つフレームでした。BLADE93の代替として活躍させます。(^^)/
-----------------------------------
平均SPEC比較

<PRESTIGE MID>
重量: 320 g ☆
ストリングパターン: 16x19 ☆
ヘッドサイズ: 93 in²
バランス: 310 mm
長さ: 27.0 in
ビーム: 20 mm フラット ☆

<BLADE 93 (2013)>
重量: 324g ☆
ストリングパターン: 18x20 ☆
ヘッドサイズ: 93 in²
バランス: 310 mm
長さ: 27.0 in
ビーム: 20.2mm フラット ☆

<他に形状で気づく特徴>
プレステージの方が
・フェイスが縦長
・スロートが絞られている
・グリップが扁平

<しなり感>
[K]BLADEtour93 > BLADE93(2013) >= PRESTIGE MID










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレステージ・ミッド(2018)インプレ 空の駅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる