空の駅

アクセスカウンタ

zoom RSS プレステージ (2018)

<<   作成日時 : 2018/03/19 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ラケット欲しい病。最近鉛のチューニングに飽きたらラケットを買う、、といった行動がパターン化しているような・・・(>_<)

で、プレステージ・ミッド
Wilson派なのでHEADのラケットは滅多に買わない。。まして根がPROSTAFF派なので、(涎を流しながらも)プレステージを買うことは無いだろう。と思っていたのですがね(^^;

やはり、今時のラケットは無理!。重さがないと扱えないし。大きなフェイスは感覚的に合わないし。スピン系の特性は必要なく、フラットでボールが収まるのがいい、目の粗いストリングパタンはスピンはしっかりかかり安定するけど、フラットでは不安定でイヤ。
でもね、体力も無くなってきているのでストリングパタンは18×20はキツイな〜てなところ。前にプレステージ・レフプロが93インチの16×19で興味引きつつ横眼で眺めていたのだけれど、軽量だったのでスルー。
今回はMIDとして重いラケット出たので買ってみようかと・・。

ここの所は、REVO CV3.0 F、X-BLADE RS に興味持ちつつも…。
ここはクラッシックフィール、ローパワーなプレステージ・ミッドでいく!。現代テニスへの進化はヤメル(^^;
(でもミッドプラスサイズでも16×20パタンが出れば買うかも)

本日、来ましたが、
デザイン。
前作のプレステージシリーズが滅茶苦茶カッコ良かったので期待してたのだけど、ちょっと今回のデザイン、実物見ると安っぽくて少しガッカリ(-_-)
これならPrince Phantom Pro 93Pの方が遥にカッコいいのだけど。。(日本で発売してないけど)

フェイス形状。
まず、プレステージらしく、かなり面長。
縦に長い顔は「スピンはかけません。フラットでいきます。」とおっしゃっている。

グリップ。
今時でも、かなり扁平。
ウェスタングリップよりイングリッシュやイースタンびいきです。薄い握りには しっくり (^^)/
・・・・でもWilsonの同じサイズ3に対しても、ちょっと太い感じが(>_<)

スロート。
BLADEより、やや絞り気味。
コントロールやスイートスポットよりも、打感に趣を置いているかも。。

リフティングの印象
20mmのフラットビームは、しっとりしなると思いきや、パンと気持ちよくはじく感。
どの世代のBLADEよりしなり感はなく、意外に反発しそうな予感。

ガットは大好きなオリジン125を56ポンド。
さてさて、打つのが楽しみです(^^♪
打感や取回しは好きだったのに、体力がついていかなくて使えなくなったBLADE93。
その感覚に近いものを粗くしたストリングパタンで補ってくれる感じになるかな〜?

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレステージ (2018) 空の駅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる