もっといじってみるか…

画像最近、鉛でのバランス変更遊びが過ぎて、自分でも困っているが止まらない(>_<)
フェイスに貼るのはキモニーリードテープスリムなのだけど、0.2g単位の微妙な差を感じてしまい、微妙な長さで違いが出て難しいし、部分的に重量がかかるので、もっと薄いものが無いかと。。。
仕様から察するとGAMMA LEAD TAPE 1/4やTOURNA LEAD SWING WEIGHTSなら3割程度軽そうだけれど、海外品で安定して入手できそうにない(>_<)。。ので、よくグリップに使用しているメーカのライト バランスアップテープ20 G-136 なら超薄で、面倒でも幅をうまく半分に切ればリードテープスリム程度の幅(6mm)になりそうなので買ってみることに。。。
ちなみに、振り抜きは良くて好きなのだけど、グリップの振動吸収材アンプリフィールのせいでグリップが凸凹して握った感じが気持ち悪く気に入らなかったBLADE93。流石にWilsonnも最近は採用してなく、もっぱら今はカウンターベールに移行していますが。。。で、もう5年も前のモデルなので壊れても構わないと、ちょっと改造して遊んでみることに(^^)/
元グリップテープをはがして、アンプリフィールの隙間にカッターナイフ入れて、割れないように慎重に剥がしてみると、たった厚み1mmくらいの黒い薄っぺらい板(玄武岩の素材かなんかでしたっけ?)。それをはめている溝をもう少し削って面がフラットになるように改造(修理?)。。で、ちゃんと綺麗な6角形になるように仕上げました(^^)/
この後のモデルチェンジしたBLADE98は同じアンプリフィールでもちゃんとフラットに仕上がっていたのですが、この93のモデルはダメでしたね(>_<)。
さて、握った感じは5年越しでようやくマトモな感触。。さてプレイには影響するでしょうか?(^-^)

でも、そんな細かいこと気にするより、もっとテニスのプレイを楽しめよってことなのだけど、、、ね(^^;
画像



この記事へのコメント