鉛の無駄使い?

冬コーデその2。wilsonのウェアもいくつか引っ張り出す。。でも何時の間にやらwilsonのウェアはなくなっているようで・・カタログにウェア関連がなくなっていますね(^-^; 
ま、先の昔お気に入りだったセントクリストファーのテニスウェアも20年くらいは、いなくなっていましたけど^_^;画像
画像で、ラケットの方は、「買う」よりチューニングに走っていまして、、、ここのところ「重量化」がテーマ。
ここ数年ラケットの軽量化が進んでいますが、重さに慣れた自分が付いていけないのか最近どのラケット買ってみてもしっくりきません(それでも重めなタイプを買っているのですが‥)。伊達さんのラケットの重さを知ったところでの後押しもあり、ちょっと派手目に重量化チューニング。一気に重さを上げるので、まずはフェイスではなくグリップサイドにドカッと盛ります。生贄材料は最近買った2017スリクソンrevoCXtour18x20と16x19の2本と、昔使っていた2012BLADE932本(^_-)-☆
REVOはフレーム330g台、BLADEは340g台に(^^♪‥昔のように重さで押せるような感覚になるといいな(^-^)
PROSTAFFのRFは十分な重さはあったのだけど、ちょっとトップに重さが寄り過ぎていたので使えなかった。もともと重いのでチューニングも効かない。レザーグリップ外してもよりトップヘビーになるだけで‥(T_T)。重いのにフェイスサイズ97というのにも自分的に違和感があったのかもしれない。。(そうなると新しいプレステージが気になるなぁ(>_<))

ちなみに、ライトバランステープの扱いでは、ラケットのグリップに使うと樹脂には引っ付きにくく、グリップテープの方にびっしり貼り付いてしまう。一度でビシッと決めるならいいのですが、そうもいかないので、最近は面倒でも樹脂でない側にはサランラップを引っ付けてから樹脂面に固定します。。この手間が面倒な時はキモニーのリードテープ(スリムでないやつ)の方が片面粘着で便利かもしれません。ただ少し厚めなので握る部分に使うことは避けます。

それから、ガット‥
BLADEに今年1月に張っていたナチュラル17ゲージ(56Pで)が夜中に切れていました。やっぱりナチュラルで1年持たすのは難しい(>_<)。
で、気になっていたバボラのM7(125)で張り上げをお願い。。ORIGIN(125)が特に気に入っていたのですが、、何時も在庫がない、ちょっと高い。ちょっと硬いかな??。。って感触もあったので、この際試してみようかと。(^-^

ナチュラルはやっぱり最近の軽量化のせいか、よく感じることはなくなりました。とくにトニック+は品質にばらつき大きく太めが多いので全く合いません。しいていい感触が残るのはWILSONにしてもバボラにしても17ゲージの細いものです。気候にも良く左右されますがカラッとした時には、昔感じたナチュラルらしい良い感触になることがたまにあります(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント