Kalafinaの 9+ONE

有機ELでの鑑賞楽しみにしていたblu-rayが来たので早速(^^♪
音質も画質もこれまでのオーディオ・ビジュアルコレクションを凌駕してきたので、そこがポイントだったのですが、更に高画質、特に更なる高音質に感動(>_<)。これは小さなオーディオシステムでは見る気はしません。
3人のボーカル、各楽器のクリアさと分解能は更なる高みに(゜o゜)
内容も、今回は3人の歌テクを見せつける歌唱で鳥肌が立つこと数知れず。。。ちょっと凄かったです。
ビジュアルは前回の武道館ほど豪華にはいかないものの、かなり驚きの映像の仕掛けも見せてくれるので大満足です。ボーカル音量も大き目です。
今回は音楽に乗ってドライブしていくのと違って、バックバンド控え目で、ボーカルでドライブしていくので3人の歌い方や歌唱が良く分かります。これは3人の歌唱力の高さがあるから成り立つ。
コーラスのくせに、歌唱力の高い一人一人が競う合うように熱唱するハーモニーも強力になってるし。hikaruは更に全力で(^^;最後のコメントも限界超えるってアスリートですかあなたはwww
ただ、今回のkeikoは何だかいつもと違う感じが、、、MC暗めだし、そっけない感じがするのはチョト気になるが。。。MCも早口でライブ早々に終わらせた感が(^^;
そのkeiko。武道館ライブの前の、far on the waterのツアーは、重盛さと美?って思ったけれど、今顔は常盤貴子だった(^_-)-☆
画像
直近3作総括すると、
far on the water 東京フォーラム。。親しく身近に感じる
武道館ライブ。。。とにかく豪華。ステージもバンド構成も設備も。
9+ONE。。。バンド構成が一番少ない。ボーカルの力量を感じる。ちょっと親近感が感じられないライブ
何れもオーディオ、ビジュアル的には相当レベル高い高音質、高画質で◎




<Kikkawa's空の駅>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント