ちょっとwilsonから離れてみる

wilsonさんに異変が起こっているような気がしてならない。
突然のカラーバリエーションの変更はいいとしても、シリーズを跨るSモデルやカウンターベール展開も、ウルトラのラインナップもおかしな感じだし、バーンも日本展開のみでフラットビームラインナップに突然TOURを押し込むし、これだけ続けて変え続けると、売り方も嫌らしく思える。もう宣伝文句もわけわからん、、「キャプテン翼のドライブシュートのような」とかミサイルとかバズーカ砲とか、インパクトのある言葉をつなげるけど、結局わけわかりません。自分の頭では特性を整理できなくなりました(>_<)。まだ他メーカーのような弾道特性、データ比較や理論値があれば検証のしようもありますが…(cv前のwilsonカタログにはタイプ別の弾道説明くらいはありましたが既に当てはまらず(>_<))。兎にも角にも色々出して売りたいだけ?。選ぶ人も多分今のwilson怒涛のシリーズ展開ではチャント選べないでしょうに…
この調子で他メーカーに劣らないチャントしたもの作れているのか心配。。。
ulutra tour 97 のスペックと形状にはとても興味がありましたが、流石にラウンド系シリーズにボックスフレームを混ぜて売っちゃダメでしょう。少しwilsonさんからは離れてみようと。。

ここの所安定してシリーズ毎に分かり易く進化しているSRIXSONは好感。
四つのシリーズの中で自分のテニスの対象となるのはCX,CV,CZの三つ。従来の自分のプレーの延長で続けて行くならCX。CXの中で好きなスペックが 2.0 tourでドンピシャでした。カタログではわからない硬さの好みも丁度ハマりOk。

で、結局SRIXSON REVO 2.0 TOUR 18X20に続いて16X19モデルを買って比較してみる事にします。
ストリングパタンの違うラケットはいくつも持って打ち比べていますが、全く同じモデルのパタン違いは、十分に打ち比べたことは無いので、ここはしっかり違いを体感しましょう。買ったらスペックは18X20に合わせてしっかりチューニングしてから比較予定(^_-)-☆
純粋にストリングパタンの違いが体感できるのは楽しみです。

この記事へのコメント

クラシック
2018年11月11日 11:52
拝見しました。
錦織選手がULTRAへ移行とのことですが、理由がなんとも取ってつけたよう。中身はBURNでしょう。
私はプロスタッフクラシック95を長年愛用していまして、プロスタッフに愛着がありましたが、現行ではラウンドフレームの系統は消滅してしまいました。
ウィルソンは最近よくわかりません。シリーズも出たり消えたり。プロスタッフ以外は昔からそうかもしれませんが。
売りとなるテクノロジーも、カウンターヴェイルは「本当?」と言いたい気分(使ったことないですが)。
一方、ヘッド、バボラはシリーズの伝統を大切にしている感じがあります。
今、ヨネックスを使っていますが、ちょっとまだ定着するかわかりません。ヨネックスもイマイチ、シリーズ毎の特徴がつかみにくいので。
駄文失礼致しました。
きっかわ
2018年11月11日 13:02
最近のWILSONのセールス方法にはまったく閉口です。
でもwoison独時の芯で打った時の感じは他にないものを感じ続け、離れることができません(^^;
錦織の今度のULTRAシリーズのフレーム型はBURNそのもののようです。進化は良いのですが、やっぱりシリーズ構成の仕方は理解できません。理由付けは色々していますが。。。