K pro tour 96 に AERON SUPER 850 SPEED (53p)

画像wilson K pro tour 96
今から6年前に購入したフレームは反発系だけどストリングパタンは密なラケット。
スペックは
面:96sq
ストリングパタンは18x20
フレーム厚 22-24mm のラウンド形状
バランス 310mm
平均重量 314g(実測303g)
グリップは革がオリジナルなので交換必要なく、これ以上重くなることはありません。
ここの所ボックス形状の打感は好きでも重さと飛びの悪さに苦戦しつつ、合いそうなラケットも見当たらないので昔のものから引っ張り出してきた。
面の広さは適当だし、ストリングパタンは今どきあまり無い密なパタンなのでしっかりしたフラットでの打球感は十分。その分の飛びの悪さはラウンド形状がカバーしてくれるので、ストリングのチョイス次第でかなり使えるかと。。
当時はモノフィラメント中心にハイテンションで張っていました。

これにマルチの柔らかい感触を持ちつつ飛びのありそうな AERON SUPER 850 SPEED を張ってみました。
ゲージが1.28mmのナイロンマルチフィラメント。53ポンドで。
これがとても良かった。球持ち感がありながら、スパーンと気持ち良く飛んでいく。ストリングパタン自体は密なので、柔らかくもしっかり潰せる打球感!
イイです(^^;)
マルチのおかげか、カンカンした感じもほとんどありません。
マルチでもこのクラスになるとパワーもあります。
今のラケットたちより30g近く軽いので取り回しもとても良いです。(そもそも最近は革グリップが標準でないので、革に交換するだけで10g近く重くなっているのです)
いや、この飛び系のマルチの組み合わせは当時試していなかった。チョットカンカンすると言うだけでやめてしまったらけっとだけど、ストリングを工夫すれば、案外このあたりのラケットが合っているかも(^^;)
画像

ストリングはゴーセンのLAYTEX TOUCHが、モノフィラメントとマルチの中間的な位置づけとのことで興味があったけど、1.31mmゲージは18x20にはチョット太そうで敬遠しました(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント