やっぱり プロスタッフ

画像

どうしても今のラケットの打感が気に入らないと、昔使っていた ”Pro Staff TOUR TB” を持ち出してしまう。
平均重量は今のBLADEとほぼ同じ325gなのですが、平均重量より10g以上重いものを買ってレザーグリップにしているので総重量が360gを超えている。
今回リプレイスメントグリップを買ったのは、非常に軽いSUBLIMEに変更して軽量化を図るため。

スクールに持ち出して打ってみる。
やはりBLADEとは比較にならないインパクトの気持ちよさ。
ラケットがしなやかなだけにスイートスポットも広く感じることはもとより、オフショットでも修正してしっかり返すことが可能。
それよりも芯で食った時はしっかり食い込んでグッバーンと爽快に放つこの感触は絶品!絶品!!
やっぱりこのProstaffは大好き。
(手持ちでは同じBOX形状のブリヂストンのPROBEAM X02も似た打感だが自分には柔らかすぎ)
この95サイズのプロスタは打感もいいし硬すぎず柔らかすぎずで使いやすい。安心感が高くて力むこともない。

でも軽量化しても355g近く(オーバグリップなしでも)。長時間は使えない。
打ち続けるにはたくさん買ってしまったBLADEに慣れ使うしかない・か・・・。

ps:しかし地味な単色(微妙なグラデーション)でも多彩な色味を出すこのTBはデザインもいい。質感も高い。
黒ベースで地味だけど、こうゆうのを美しいデザインと思う。 …剥げてきているけど‥^^;。

---
<prostaff極私的感覚>
こいつ(prostaff)ストロークで相手の剛球と正面衝突したときには、まるでバズーカ砲を自分が放ったような極快感です。(‥すみません。実はバズーカ砲を撃った経験はございません が m(__)m)
ただ、相手にとっては重いけど素直で打ち易い球になっていると思います。
X02はしなやかすぎて負けているというより、ズバーンと出ていく感じは控え目で柔らかくいい感触でうまく受けてくれる感じが強い。prostaffは多分これくらいの球を打つのに硬さ、柔らかさ、重さが自分に丁度良いのかもしれない。但し一球にかける打感として‥
この一打を諦め切れず、未だに引っ張り出す次第。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

クラシック
2018年11月11日 12:20
随分昔のブログにコメントしてすみません。
私の場合はプロスタッフクラシック95に戻ります。さすがに古いので買い替えようと思いましたが、同じようなラケット(ガット+オーバーグリップテープで350g、バランス305㎜)は皆無。
最初プロスタッフ97を買いましたが、多分シャフト(スロート)が弱く、ストローク、リターンが全く頼りない。黄金スペックのラケットにも挑戦しましたが、ヘッドが重くてボレーの取り回しが悪い(私の筋力もないので)。
今、EZONE DR98を型落ちで手に入れて、バランスいじっています。
一方、中古品のクラシックにも気がひかれます。当方ヘタりとかわからないので、破損してなければ使えるかなと。

きっかわ
2018年11月11日 12:51
かなり同感です。
私も昔のProStaffまではいきませんが、基本BLADE93に戻しています。
最近のBOX系はしなりや打感の柔らかさや振動吸収を意識してか、どうもダルイ感じのモノしか当たらず、確かにシャフトのしっかり感が欲しい所です。
ある程度しなっても、剛性感があってダルくないフレームっていうのは意外に見つからず、ニューラケットは諦め気味です。
ここの所はちょっとBOXの拘りから離れてみて、ラウンド系が球持ちの点でBOXに寄ってきている傾向にあり、今度のULTRA TOURあたり試したく。。BURN系フレームですが意外とどうかと思ってみたりしています。
クラシック
2018年11月11日 15:02
もう一件と合わせて、早速のご反応大変ありがとうございます。
私の場合スウィートスポットに当たらないので、なおさら剛性が気になるのだと思います。プロスタッフRFはどうなのかなと。ちょっと重すぎるのでサーブに苦労しそうとは思うのですが。

きっかわさんほど細かくはないですが、バランス調整とか私も結構やっています。
レザーリプレースメントグリップの記事も参考にしています。
今のEZONEも、レザーにしてトップライトにすべきかどうかとか...
昔々、ブリヂストンプロビームMIDのグリップをフェアウェイにしたのですが、巻上がったラケットを手にして、あまりの重量アップとグリップサイズの太さに後悔しました。
その時の苦い思い出がありまので、まだ迷い中です。
きっかわ
2018年11月11日 16:39
私もそろそろ芯に当たらないので剛性高めの反発と、強引な押し込みの必要性から余分なしなりは気になります(^^;
RFですが、340gは余程の体力がないと無理かと。サーブはちょっと力入れるだけで重さで豪快に飛びますしコントロールはしやすいです。重さでヒットしボールが潰される感覚は爽快以外の何物もありません。オジサンんたちに貸しても撃った途端に「オー」と感嘆の声を上げるくらいです。。が、、ストロークは数球で触れなくなってきます。私のワンヒットの快感があるので手放なしていませんが、不通に持ち出して乱打する気は今はありません。RFを使いこなすはなかなか難しいので、プレーを楽しむなら体格としっかり相談した方がよろしいかと。。
クラシック
2018年11月11日 18:21
やはり難しそうですね。
私の場合、「打っていて楽しい方」を優先して、「試合で勝つ為」を軽視してしまうので、後で後悔することも多いです。
ありがとうございました。