現在のシステム構成 (オーディオ部)

▼メインシステム
 アンプ: onkyo A-1VL
 D/Aコンバータ: onkyo DAC-1000
 スピーカー: onkyo D-77MRX
 スピーカーケーブル: Prism OMNI-8N (※BELDEN STUDIO727MK2からの変更)
 アンプ‐DAC間(アナログライン): モガミ 2534 (※他のライン接続は廃止)
 DAC‐周辺機器間(同軸デジタル、および光デジタル): 製品は気にしていない…
画像
とにかく変な色付けのないリアルなやつら。
何十年も技術は進歩してもほんとの低音、演奏しているリアルな雰囲気はやっぱり大口径スピーカーでないと出ないんね。
2基の30cmウーハーが動かす空気は、耳で聞くというより体に直接染み込むような深い低音までを再生し、リアルな空間を家に居ながら演出してくれる。
その大きなスピーカを機敏に駆動・制動していますA-1VL。強力な電源周りをセパレートで配置し、また音質劣化の原因のトーンコントロール、バランス調整、ヘッドフォン端子等を思いっきり排除していて非常にコストパフォーマンスが高い。ハイスピードかつ分解能の高い素性はセッティング次第でどこまでも好きなように音質を高めれるように感じる。
今年、良質なDAコンバータを経由させれことで全デジタルソースの飛躍的な音質向上を果たす。アップサンプリングでのリアルな立体感は、うちのサラウンドを廃止に追い込み、AV環境もピュアオーディオで満足できてしまった。。

それにしてもスピーカーD-77は自分が子供の頃からあった超~ロングセラーのスピーカー。しかもこのクラスで今や貴重な国産。部品代も上がって値上げしてでも作り続ける自信はうれしい限り。


▼サブシステム
 アンプ: onkyo A-7VL
 スピーカー: yamaha NS-100
 スピーカーケーブル: Prism OMNI-8N
 アンプーTV間(光デジタル): 製品は気にしていない… (※アナログライン接続は全廃)
 TVー周辺機器間(HDMIデジタル): 製品は気にしていない…
画像

こちらもモニター系のスピーカでメインに負けないいい音を出します。ただやはりウーハーが17cmで低域方向には限界が。体を揺するような深い低音は出ないので、逆に気楽に聞くにはメインより向いてるところも。
それほど深い低音を含まないポップスやロックは、メイン、サブどちらで聞いてもそれぞれの持ち味を感じることができるので、大口径でなくても良い音は楽しめる。
しかし重厚な響きを持つ映画などは大きなウーハーが無いと…。最近の物ではGANZの再生はサブのスピーカーでは全くダメですね。重厚さが出なくて面白くない。
じゃあこのクラスは低音が出ないかというと、耳で聞くような低音…ベースギターの低音位はこういうスピーカーの方が良く聞こえるように設計されていることが多く、それで低音感を補っている。ある種の迫力は出てもリアルさがなくなってくるのはそんな所か。。
このスピーカーはコイル部もしっかり作られているので音の切れも良く、押し出しいのいい締まった低音を聞かせてくれる。(低音と言っても上記の範囲の)
アンプのA-7VLは、このモニタ系のスピーカーを力強く、よりハイレスポンスで鳴らしてくれます。
こちらのアンプもしっかり構成すればするほど高見を目指せる素性を感じさせてくれるいいアンプ。
アルミ仕様の制振素材に加え、重くて薄い形状は共振の影響も受けにくいのでセッティングも容易。
値段からは想像できない質の良い音を出してくれます。(デジタル入力時)
A-1VLの系譜だがDACをアンプ内に内蔵していること、小音量の再生技術がシンプルに向上していることから、場合によってはデジタル入力、中~小音量ではA-1VL以上にD-77MRX鳴らしてくれるかも知れないと思っている。A-7VLの同軸デジタル入力の音は、A-1VL譲りの音に加え、音の鮮度というか音の切れはA-1VL+DAC-1000以上の物を感じる。


▼窓際軽音楽
 窓際で音を奏でるシステム。FM中心にBGMを。
画像




●数十年中堅オーディオやってきて、今のアンプ,A-1VLとスピーカー D-77MRXは一生つきあえるものとなっています。A-7VLもA-1VLの資質をしっかり受け継いでいることもわかったのでこれも一生ものかA-1VLの代わりにさえなるでしょう。もしかしたらDAC-1000もそこに入るかも。今後も、より好みの入力機器に入れ替えたり、セッティングで、いろいろ答えてくれる潜在能力も十分に持っているので安心して使っていけます。

アナログレコードからCDに変わったときは実際のデジタルの音には失望し一時趣味をやめていたものですが、ここにきてインターフェイスのデジタル化、それを支える良質なDAコンバータが安価に入手できるようになり、自分なりに拘っていたアナログ神話も一気に消え去る程の次元に…。ようやく満足のいくオーディオの日々です。
<Kikkawa's空の駅>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント