HP Pavilion Notebook PC dm1-4006au 稼動

画像

HPのノートパソコン
HP Pavilion Notebook PC dm1-4006au
が来たので立ち上げ。ようやく機動的にPCが使えるように。(家の中だけど)
マザーボードが壊れたオレンジ色鮮やかな
NEC Lavie G PC-GL602W6DC
はお役目ごめん。

結局修理代相当の値段で見繕ったPC。Lavie Gの半額以下の値段。
いかがなものか。
CPUはAMD Athlon X2から E-450 になりかなりのスペックダウン。
しかしエクスペリエンスインデックスではCPU以外は上回る高得点。
たぶんCPUがグラフィック機能を取り込んだAPUやら最近のメモリやバスの高速化が効いているのでしょう。

んで、これまで通りの設定、アプリを詰め込んでの体感では、グラフィック性能に助けられてかもたつくような挙動は全くなくキビキビしている。ただCPU負荷は単機能使用でも、やはりギリギリといったところ。
インストールなどでは100%使用してしまうのでインストールしながらの作業は無理。マルチの作業もちょっと厳しい。
しかし高品質動画もストレスなく動きノートとしての使用は単機能ではかなり快適。グラフィック系は前よりいいかも。
メモリが速いからかスリープの復帰はバックライトが消えていただけかのように早い。(といっても微妙な差だが)
画面サイズは13.1インチから11.6インチに落ちたので少し見づらいが、音に関してはこの大きさからはちょっとビックリするイイ音がする。見栄えも安っぽくなくとてもコストパフォーマンスは高い。

この辺を前のPCと総合的に差し引きすると半値以下のPCとしては上出来すぎるくらい。CPUの負荷だけ工夫しながら使えば、しばらくはメインで十分使えそうです。光学ドライブがない分小さく軽いし機動性はもちろんUP。

メモリは4GB標準で、8GBまで増設可能だがこの状態では増設しても無意味。無駄に電力消費するし、32bitアプリ主の現状においてパフォーマンスにも良い影響があるとは思えないので増設はしない。

画像

この記事へのコメント