空の駅

アクセスカウンタ

zoom RSS たった0.2gが気になる‥

<<   作成日時 : 2017/05/15 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昔は道具を生かすように体が動かせていたように思いますが最近は体が動かないので道具を変えることが顕著になっています(>_<)
その中でもラケットバランスの調整。
やっぱり体のアジャスト機能が落ちているせいか、錘の量と場所が非常に敏感にわかるようになっています。
今は0.1g×2ヶ所(リードテープスリムで約1.5cm片×2)、2時10時についているのですが、2時10時といっても微妙な1センチの場所の違いですらラケットの操作に影響します。重さも決められた場所で余裕を持って打ち込むなら、今の自分でも3gくらいあった方が打感良くパワーを乗せられるのですが、やっぱり動きながら振り抜いていくには今はこの重さです。付けないと安定性と打感が落ちます。これ以上重いとプレー中の平均的なスイングスピードが落ちます。そしてラケットの出が遅れることも多くなります。
0.2gの違いに影響が出て、それが判るのも驚きですが、こうして思うと市販のラケットも如何に絶妙なバランス(特に重量とそのスイングウェイト)で作られているのか思い知らされます。

ガットの方では、最近は特に飛びを求めます。なのでナイロンかナチュラルの中での選択になります。
売り文句では幾つも「飛び」を謳うものはありますが、あまりあてにしていません。結局は求めるスイングスピードとガットの反発の応答速度があった時に一番の飛びの良さが発揮されるわけで、元気でスイングスピードが速い時は硬くて戻りの速いモノフィラメント系が良いと感じることが多いですし、元気なくてスイングスピードも遅い時はマルチフィラメンの方が合うことが多いです。ナチュラルはスイングスピード速めの方がパフォーマンス出ますが、適応範囲が広めです。
最近はオリジンが合っているといいますが、疲れている時はマルチが恋しいです(^^;
状態に合わせてもっとガットの選択肢を増やしておきたいものです。。

グリップも気になるところですが、こちらは上記ほどパフォーマンスへの影響は分かりませんで、感触が好きかどうかだけでプロオーバーグリップを使っています。ところが先日ネットで30パックのまとめ買いしたのですが、感触も長さも幅も違うものが来てしまいました。偽物掴まされたのかと調べてみましたが、どうやら韓国製で仕様が違うようです。どう見ても品質が劣っているようで、かなりショックです。ネット販売ではわからないので、こんな事もあるのですね(泣)

画像


ラケットを決めたら、ストリング、グリップ、バランス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たった0.2gが気になる‥ 空の駅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる