空の駅

アクセスカウンタ

zoom RSS ラケットの保管

<<   作成日時 : 2017/01/10 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ラケット大好きで買ってしまうラケット。いくつかは処分するも何十本も捨てられないものが(^^;
ラケットはカーボン繊維でできているので、長く使っているとラケット繊維が損傷してきてへたって来るのがわかります。へたって来ると飛びのない柔らかさが出てきますので、同じ使っていないラケットと比べると飛びが少し悪くなっています。競技者クラスの使用頻度だと2〜3年でわかりますので2年サイクルのモデルチェンジもわかる気はします。ただ、使わなければ劣化はほとんど無いので週数回であれば4〜5年は問題ない場合もありますし、進行が徐々なので知らず知らずのうちに慣れてしまいます。その慣れたラケットがいいと言う人もいますのでそれはそれでいいのですが(^^;
で、自分も少し打って使わなくなるラケットが沢山あるのですが、問題はガットの張りっぱなし。
当然ですが強烈なポンド数で張られているので張ったままだとラケットのフェイス部分が着実にへたります。
保管時にはガットを切るのは鉄則な事は承知しているのですが、いつか試しに打ち直してみたいと思い、ガットを切ること切ることをためらって、そのままにしてしまいます。
ガット自体の賞味期限もとうに切れてしまっているものばかりですが、切れない自分は貧乏性(>_<)
「またすぐ打つかもしれない…」、は大体において打つことは無い(^_^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラケットの保管 空の駅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる