空の駅

アクセスカウンタ

zoom RSS うちのスクールでは

<<   作成日時 : 2016/07/18 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スクールのコーチはラケットの振り方、使い方、戦術を教えてくれるのですが、うちのスクール生は中級で10年以上テニスをしている人ばかりで、もう自分のしたいテニスが個々人あるので、レッスン中のコーチの話など聞きやしません。
それを承知なコーチは「ちょっとくらい言うこと聞いて下さいね〜」という有様で、自由なテニスを楽しんでいます。
ちなみに私は、大体はコーチのお話の間はチューニングの設定をコマコマ変えていて話を聞いていません(^^;
コーチとしては本当は個人のグリップの持ち方や持っているラケット、プレースタイルを見て迄指導してくれるといいのですが(私のは場合薄い握り、BOXタイプのラケットから、ゾーンに呼び込んで水平スイングするフラットドライブのプレースタイルということはすぐにわかるかと。いま主流の反発・スピン系で教えないでね(>_<))、いずれにしても聴きゃしませんけれど(^^;

そんなコーチに悪いなーと思うこともあって、今回はスクールでラケットを買った次第です。
あまりに頻繁に買っては使わなくなるラケットが多いの、コーチやメンバーには「コレクターだね」と笑われてしまいます(>_<)

で、その]ブレードVI305。かなり打ちこんでみましたが、相当イイです。
重いラケットばかりで軽いラケットは買っては、やっぱり安心感がないね〜。。。と思って買っても使わなくなるパターンでしたが、今回はいけます。
(私の軽いの基準は320gより軽い。。の意味です。最近のWEB上での軽いは300gを切るとか、290gを切ると言うような所まで軽量化、来ていますが…(^^;)
取り回しが全然いいのは当然ですが、軽くても打球感はかなりいいですし、打ち負けるような事もまずない。…と、最近の良いラケットはみんなそうなのですが、更にそれが「大丈夫だからね」って感じさせる安心感とういか、しっから感がかなりあるので使っていけそうです。
しかも速いショートバウンドの返球は重さで、、、と思っていたのですが、しっかりいい球が全くブレずに返るのは自分の考えが覆されてしまいました。しかも取り回し良い分、ショートバウンドのエース級が何本も(^^;
こうなると重いラケットのよさは、ラリーでちゃんと自分の打点に余裕を持ってきた球を、重さでえ〜いっと振って引っ叩く充実感のみですね(^^;
ボレーもやはり取り回しはいいし、ボックスフレームにしてはしっかり返ります。

ストロークは、もうチョイパワーが欲しい気もして3時や6時あたりに錘を付けてみたりもしたのですが、やはり取り回しに影響が出て、メリット方が薄いので、取り敢えずは素が合っているようです。
結構打ち応えも感じられるので、自分の軽量化対応が進められそうです(^^)/
ただし、当てるだけで抑えられる重量級ラケットとは違うので、多少でも振っていくことは忘れてはいけません。取り回しがいいので苦にはならないのでこの辺の使い方の慣れが若干必要ですね。しっかりしたラケットなのでちゃんと使えば思っていた以上に答えてくれるラケットです。
この辺は、ラウンドのRー300での反発でのカバーもありかもしれません。
掴みの305、反発のRー300。反発系のRー300にも興味津々ですが、しばらくは305を使いこなしましょう。

ガットは、現在ナイロンマルチですが、かなりフレームのしっかり感があるので、しっかり打てるナイロンモノやナチュラルもいいかもしれません。マルチであればしっかり感があるNRG2やX-ONE。ナチュラルは重いラケットに張るのがいいと思っていますが、このラケットにはちょっと張ってみたいですね。いい予感がします。

ちなみにコスメ。
これも個人的な見解ですが、白のグリップテープに艶消しレッドが映えて爽やかでとてもいいです。(^^)/
(最初デザインに文句をを言っていた癖に‥ですが化けました<(_ _)> )画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
うちのスクールでは 空の駅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる